コピー機にはレンタルとリースがある

世の中には、オフィスにコピー機・複合機の導入を考えている人も見受けられます。そういった場面では、方法として、どのような選択肢があるのかという問題に気を配ることが大切です。コピー機・複合機をオフィスへ導入する方法には、「リース」「レンタル」「買い取り」という3つの選択肢があります。

その内、リースとレンタルには、どちらも顧客の所有資産とはならず、減価償却に掛かる費用や固定資産税を負担しなくて良いほか、アフターサポートを受けることができるという共通の利点があります。しかし、購入と比べると、負担するコストが高額となるのは、リース・レンタルに共通したデメリットです。また、先ほども述べたように、所有権は顧客にないため、契約者の都合で売却したり、破棄したりすることは禁止されているので、注意しましょう。

先述の導入方法の中で、リースとレンタルの違いが分からないという人は多く存在しますが、それらは異なる契約形態であり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。したがって、それらの相違点を理解した上で、一人ひとりの適性・ニーズ・希望条件に合った方を選ぶことが大切です。具体的には、短期間の利用であれば、いつでも解約のできるレンタルを、長期に亘って利用する場合には、コストパフォーマンスの良いリースを選択することをおすすめします。

当サイトでは、コピー機などの導入方法として、リースとレンタルの違いをご説明します。