会計上の違い

リースもレンタルも、顧客に所有権はなく、契約者の資産とはなりません。したがって、コピー機や複合機を購入した場合とは違って、減価償却や固定資産税などを負担しなくて済み、そのための事務処理をするのに掛かるコストや時間、エネルギーを節約することが可能です。オフィスにコピー機・複合機を導入するに際して、リースとレンタルには、そういった共通点がありますが、会計処理を行なう上での相違点も存在します。

まず、リースの場合、利用料金は、会社の経費として取り扱うことができます。また、初期費用や減価償却費、固定資産税を負担する必要がありません。そして、レンタルと比較して、月々の支払金額を低く抑えることが可能です。

その一方で、レンタルの場合、リースと同じように減価償却や固定資産税の支払いはしなくて済みますが、毎月の支払い金額はリースよりも高くなります。また、機器の搬入・搬出をするためのコストが、初期費用として別途掛かることが多いという問題点もあります。

レンタルの場合、長期間に亘って利用すると、料金が高額となり、コストパフォーマンスが悪くなってしまいます。一方、リースは契約期間の途中で解約することができないので、短期間の利用には適しません。