会計上の違い

リースもレンタルも、顧客に所有権はなく、契約者の資産とはなりません。したがって、コピー機や複合機を購入した場合とは違って、減価償却や固定資産税などを負担しなくて済み、そのための事務処理をするのに掛かるコストや時間、エネルギーを節約することが可能です。オフィスにコピー機・複合機を導入するに際して、リースとレンタルには、そういった共通点がありますが、会計処理を行なう上での相違点も存在します。

まず、リースの場合、利用料金は、会社の経費として取り扱うことができます。また、初期費用や減価償却費、固定資産税を負担する必要がありません。そして、レンタルと比較して、月々の支払金額を低く抑えることが可能です。

その一方で、レンタルの場合、リースと同じように減価償却や固定資産税の支払いはしなくて済みますが、毎月の支払い金額はリースよりも高くなります。また、機器の搬入・搬出をするためのコストが、初期費用として別途掛かることが多いという問題点もあります。

レンタルの場合、長期間に亘って利用すると、料金が高額となり、コストパフォーマンスが悪くなってしまいます。一方、リースは契約期間の途中で解約することができないので、短期間の利用には適しません。

仕組みの違い

オフィスへコピー機や複合機を導入するに際して、選択することのできる方法には、大きく分けて「リース」・「レンタル」・「買い取り」の3つがあります。ただ、それらの中で、リースとレンタルにはどういう違いがあるのか、分からないという人が多く見受けられます。

まず、リースは、リース会社に所有権があり、契約者は法人のみが対象となっています。また、利用期間は通常5年~7年で、中途解約することはできません。そして、新品であれば商品を選ぶことができるほか、初期費用が掛からないのはリースのメリットと言えます。

その一方で、レンタルの場合、所有権はレンタル会社に、契約者の対象は個人・法人となります。また、利用期間は数日から3年程度で、中途解約することが可能です。そして、商品はレンタル会社によって指定されるため、選択することができないほか、イニシャルコストを負担しなければなりません。

リースとレンタルの違いは、他にも数多くありますが、大まかなものはこれまで挙げた通りになります。リースとレンタルには、どちらも顧客に所有権がなく、資産ではないので、減価償却や固定資産税などの支払い義務が発生しないという共通点があります。

コピー機にはレンタルとリースがある

世の中には、オフィスにコピー機・複合機の導入を考えている人も見受けられます。そういった場面では、方法として、どのような選択肢があるのかという問題に気を配ることが大切です。コピー機・複合機をオフィスへ導入する方法には、「リース」「レンタル」「買い取り」という3つの選択肢があります。

その内、リースとレンタルには、どちらも顧客の所有資産とはならず、減価償却に掛かる費用や固定資産税を負担しなくて良いほか、アフターサポートを受けることができるという共通の利点があります。しかし、購入と比べると、負担するコストが高額となるのは、リース・レンタルに共通したデメリットです。また、先ほども述べたように、所有権は顧客にないため、契約者の都合で売却したり、破棄したりすることは禁止されているので、注意しましょう。

先述の導入方法の中で、リースとレンタルの違いが分からないという人は多く存在しますが、それらは異なる契約形態であり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。したがって、それらの相違点を理解した上で、一人ひとりの適性・ニーズ・希望条件に合った方を選ぶことが大切です。具体的には、短期間の利用であれば、いつでも解約のできるレンタルを、長期に亘って利用する場合には、コストパフォーマンスの良いリースを選択することをおすすめします。

当サイトでは、コピー機などの導入方法として、リースとレンタルの違いをご説明します。